Devilish Egocentric Pictures ver.7.0

日々の感動を大切にしながら生きている似非ブロガーが考えた事や感じた事を吐き出す場所

世界三大奇虫と云う存在

f:id:BL-beginner:20160610151227j:plain

虫が嫌いな人はスルーしてくださいましね。ヘンな虫の写真貼ってますから。

虫って好きですか

大抵の人は嫌いなんでしょうねきっと。僕は、大きくいって2種類の虫以外は大抵好きです。虫の体の構造を観てるとほんのりメカ魂が刺激されます。タランチュラなどは、移動トーチカ、多脚砲台のイメージでしょ。めさめさかっこいいじゃないですか。

 世界三大奇虫なるものが存在しているそうです。全然知りませんでした。なにそれ?って感じですが、そのウチの一つを知って、俄然残り二つも知りたくなりました。で調べたんですけどね、たぶん「虫がダメ」って人は見てらんないと思うんですね。インパクトありありなので。

 僕はどんなに些細なイメージだとしても、ゴキカブリとカマドウマの写真や絵を絶対に観たくありません。観たら本気で怖がって本気で気分が悪くなります。だから、冗談でもそういうのはやめてと、友人にも云って回る程です。虫のカッコイイ写真なんかをネットで観たりしたいんですが、観たくない虫にヒットしてしまう恐怖が勝ってしまい、未だにそう云う検索が出来ません。そう云う意味で、写真はそこそこ下に貼り付けました。

ウデムシ

:

名前はイマイチですが見た目のインパクトは抜群です。こんな生き物がいるなんて思っていませんでした。蜘蛛みたいなボディにサソリの前足(超ロング)と云うむちゃくちゃな出で立ちです。生き物って作れんじゃねーの!?って一瞬思いませんか。つーか、完全に怪獣です。こんなボディになる進化の必然があったんでしょうか。まぁきっとあったんでしょうね。そんな話も興味沸きますでしょうあなた。

ヒヨケムシ

:

奇っ怪な虫。なんすかこれ。蜘蛛じゃないってのがチョー奇っ怪。こう見えて毒はないそうで、アフリカ・中近東・インド・アメリカ・ヨーロッパ 辺りの砂漠に居るんですと。長期飼育に成功していない難しい子ということです。でも動画で観たら、結構元気に動き回ってカマキリを喰ってましたよ。アゴの構造がいかにも生物的じゃなくて、これも変な進化してるな〜感が抜群です。エイリアン的な印象もあるし、深海魚ぽい意味不明なグロテスク感もありますね。なんでこうなったんでしょうね、ホントに。

サソリモドキ

:

なんて嘘くさい名前なんでしょう。一見、ヤバそうなボディなのに猛毒は持ってなく、お尻から蟻酸を飛ばすだけという見かけ倒し感が更に萌えませんか。でその蟻酸が結構臭いのだそうです。へこき虫ですへこき虫。この虫、日本に生息しているというのが驚きです。山なんかでこの虫みたら、確実にサソリだと思うでしょうね。めちゃめちゃ捕まえてみたいです。

最後に

以前書いていたハテナダイアリーで不本意ながら、一番アクセスを集めた記事の転載です。何の役にも立たない無駄知識ですが楽しめましたか?■■

冬虫夏草

冬虫夏草